読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必読「ウェクスラー博士からの手紙」

こんにちは。
お昼休み食事をしていたら、変な人が交差点で警察官5人くらいに囲まれて連行されていました、怖いですね東京。

以下レーシック被害者の会のメンバーが、翻訳してくださった、「ウェクスラー博士からの手紙」をご紹介します。

                                                                                                                                                      • -

あなたの視機能は、レーシックのせいでダメージを受けてしまったのでしょうか?
そんな状態の他の方をご存知でしょうか?
それなら、ここに登録してください。
我々はこのサイトをレーシックによって被害を受けた人々との交流や、
レーシック手術を禁止させるために役立てていくつもりです。

私はモリス・ウェクスラー博士です。
1998年、私は俗にレーシックとして知られているレーザー眼科手術のための臨床試験の研究、担当のFDAのチーフサイエンティストをしていました。
私の推薦に基づいて、食品医薬品局(FDA)はレーシックを承認したのです。
世界中で何百万人もの人々が、現在も手術を受けています。

私はモリス・ウェクスラー博士です。
1998年、私は俗にレーシックとして知られているレーザー眼科手術のための
臨床試験の研究、担当のFDAのチーフサイエンティストをしていました。
私の推薦に基づいて、食品医薬品局(FDA)はレーシックを承認したのです。
世界中で何百万人もの人々が、現在も手術を受けています。

不幸なことに、かなり少数の人々の間で壊滅的なことが起きました。
患者は重度のドライアイや、間断のない痛み、眼鏡やコンタクトレンズでも
矯正することができない視機能の問題を報告しています。
これらの患者の多くは、うつ病、不安、自殺念慮を告白し、
それまでメンタルヘルスの問題を抱えていなかった患者が自殺しているのです。


このようなことが起こらないようにする必要があります。
私がレーシック機器の承認のために提出された臨床データの評価を担当する
FDAのチーフサイエンティストであった時、私たちは業界のデータの真偽を
監視する手段を持っていませんでした。
そこでは私たちは合併症や副作用だけではないすべての有害事象の真の数値を
業界に依存していたのです。
残念ながら業界は、レーシックの6ヶ月後のデータで20%の割合で生じる
有害事象の数値を偏らせて1%として提供していました。


2011年1月に、私はFDAに以下のような請願を行いました。
「すべてのレーシック用のデバイスの承認 を撤回し、レーシック機器の
自主回収と公衆衛生勧告を発行し、レーシックに使用されるレーザーと
マイクロケラトームよる眼傷害を止める努力を行うべきである」
これまでのところ、FDAは、私の要求に応答していません。

私の考えではは、FDAはむしろこのような状況にまともに対処するよりも、
"消える"だろうということです。
FDAは、何百万人もの人々が独自のルールに基づいて承認されるべきでは
絶対になかった手術を受けてしまったことを認めたくはありません。
FDAは現在、キャンダル隠しやスキャンダルの流行、独自の不正行為を行っています。これは公開されるべきであり、レーシックは終了する必要があります。


我々がレーシックを禁止するためにどうか(このページに)ご登録ください。


モーリス・ウェクスラー博士

                                                                                                                                                      • -

以上です。

レーシックは危険!、ストップ!。

難民救済病院、IPSによる角膜再生、切に願います。