読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードコンタクト第二段

コンタクト

○ヲでハードコンタクトの交換をしました。

 

両眼とも0.5で合わせたものを0.3に合わせたものへ。

 

今日はナウなヤングなお店でショッピングをして帰宅後にハードコンタクトをつけました。

 

異物感が出そうなので、つけるまえにラクリミン、ヒアレインを点眼後に

装着液をたらしてからつけました。

大分異物感がなく、良い感じです。時間がたったら点眼の繰り返しで対処します。

ハードコンタクトの圧迫と0.3ほど落とした視力で目と鼻の付け根周囲の痛みが減ります。

痛みが減ると言うか、筋肉のせめぎ合いを重い蓋で塞いだ感覚に近い気がします。

プリズム眼鏡でもその筋肉のせめぎ合いがあるものの、ダメージの方が大きい感じがします。

プリズム量や遠視度数を増やしても、そのせめぎ合い、バランスが難しく逆に違う部分で

痛み、ダメージを感じてしまいます。

レーシック前にはなかった感覚です。

やはりハードコンタクトでレーシック前の視力に戻すのが一番体が楽な状態になりそうです。

術前は-8程の強度近視だったので市販のワンデーソフトコンタクトでは+5迄しかないのですが、それでも大分体は楽になります。

 

仕事は当面このハードコンタクトで過ごしてみようと思います。

度数が足りない場合は最初に作成した視力を1,0に合わせたハードコンタクトで

今のコンタクトでモノビジョンを試そうとも思います。

 

セルフオルソケラトロジーということで、ハードコンタクトしたまま寝ます。

明日はずした時は、-1~-2くらいの近視になり見え方を気にしなければ体が楽になります。